【おいでませ無職生活】会社で働くことに疲れたので一旦無職になります

いや、まだ働いてるので無職ではないんですがね。あと数ヵ月後には無職になる予定なので、一応お知らせしておきます笑

人生2度目の無職生活到来

このブログ(雑話カテゴリの記事)を以前から読んでくれていた方なら、ある程度は予想がついていたと思いますが。

決めましたよ。人生2度目の無職生活到来ですよ。

ちなみに、転職活動なんてものは今現在何もしていません。なんせ会社という場所で働くのが嫌になって一旦無職になるのだから、今転職活動なんかして運良く採用なんてされてしまったら、休む間もなく次の会社へ行かないといけなくなりますし、それだと辞めた意味がないんですよね。

働きながら転職活動をし、次の職場が決まった状態で現職を辞めるのが一般的な基本の考えだというのは十分分かってるのですが、それだと休養期間を取ることができないし、結局元の木阿弥なんですよね。なんのために辞めるのかって話ですよ。

幸いなことに?まだ独り身ですし、子どももいませんし、気楽な一人暮らしです。自分ひとりの面倒を見ればいいだけなので、それだけでも気が楽っちゃー楽です。

▽これは今現在のプロフィール欄の画像なんですが…

サチまる プロフィール

この表記が無職になったと同時に…

サチまる プロフィール

こんな感じに変わるので要チェックですよ笑

そういえば。

自画像
相方が描いてくれた「わたしの顔」です

似たくないけど似てるんですよこれがw

丸眼鏡ではないですがメガネは常にかけてます。

プロフィール画像も、無職になったと同時にハリネズミのぬいぐるみからこっちに変更しようかな。

スポンサーリンク

無職って自由なようでいてある意味自由じゃない

以前も一人暮らし時代に無職になったことがあるので重々承知なんですよ。なにが待ち受けているかなど…!

自由な時間を得る代わりに待っているもの…税金だの年金だの家賃だの水道光熱費だの生活費だの、諸々の出費に追われる恐怖生活が待っているということをね。

ただ生きるだけなのになんでこんなにお金がかかるのかって位かかりますよね。なんか馬鹿らしくなってくる笑

無職って自由なようでいてある意味自由じゃないんですよね。

ある程度の貯金がないと一人暮らしで無職なんて選択は出来ませんて。

幸い、車を買い替えようと少しずつ貯めていた貯金があるのでそのお金を無職生活時に充てるつもりですが、やっぱり貯金が減るのは痛い。ということで、不要物を売りに出すなりオークションに出すなりしてお金に変えようと思います。で、生活費に充てる。

あと職安に行って失業保険の手続きもするので、それも生活費に充てます。自己都合退職なのですぐには貰えませんが。

少しでも貯金様を守るのだ笑

今回の無職生活の目的は「楽しむ」こと

社会人から一旦無職になるということは正直かなりの不安が伴うものですが、今回は不安というより解放感のほうが大きいかもしれません。

一年以上悩みに悩んで出した自分なりの結果なので後悔はしていません。あるキッカケで「あっ…もういいや」と思ってしまったんですよね。もう辞めていいやと。やる気がマイナスになってしまい働く意欲が失せてしまいました。

以前の無職生活は「不安」の2文字が自分の気持ちの全体を占めていたのですが、今回の無職生活は「楽しむ」ことで埋めたいと思っています。一時でも嫌だったものから解放されるのだから、不安ばかりじゃなく明るい気持ちで生活しないと意味がないですよね。

働いている時にはできなかった事も色々と挑戦してみたいですし。なんせ時間はたくさんあるのだから。

スポンサーリンク

親にはまだ言っていません←辞める前に言いました

仕事を辞める前に言うと色々と諭そうとしてくるのが分かっているので、今回は辞めてから言う予定です。まぁ自分の年齢が年齢なので、言いたくなる心理は分かります。

別に辞めたことをいちいち教えなくてもいいんですが、働いている時は行けなかった平日ランチなどにも一緒に行きたいし、そうすると仕事を辞めたことを言ってしまった方が動きやすいんですよね。

一人暮らしをやめて実家に戻るという選択肢は皆無なので、もし自分が仕事を辞めて収入がなくなったとしても親には迷惑をかけることはないはず。家賃が払えなくなるという状態になる前に、自分はまたどこかしらで働き始めるはずだから。

血の繋がった親や兄弟姉妹といっても、ある程度の距離があったほうがうまく付き合えるもんです。近すぎると難しい。だから一人暮らしはやめられないしやめるつもりはないのです。というか、もし戻ったとしても部屋もなければ居場所もねぇや笑

【後日追記】

結局めんどくさくなって会社を辞める前に親に軽く言いました。

「そうなの?いいんじゃない」で終わりましたw

なんだ!意外に簡単だったぞ。ぐるぐると考える必要はなかったわけだな。

一人暮らしで仕事を辞めるか迷っている方へ

いえ~い!あとちょっとで無職!!という心境の自分が言っても説得力はないとは思うのですが、ここはあえて言わせていただきます。

今働いている職場になにかしらの不満を持っていて『辞めるかどうか迷っている』という方へ

月並みなことを言うようですが…

働きながら転職活動をして次が決まってから今の仕事を辞めてください。

次が決まっていない方は、数ヵ月は収入がなくても耐えられる程度の貯金を貯めてから辞めてください。

一人暮らしだと毎月の家賃の支払いからは逃れられませんよね。無職になると思っていた以上にすごい勢いでお金がなくなっていきます。職安に通って失業保険を貰いながら生活するといっても、失業保険だけでは足りないと思います。結局、貯金が頼りです。

一人暮らしをやめて実家に戻るという選択肢がある方は、一時的に実家に頼ってもいいと思います。頼れる場所があるというのは良いことです。無理して一人で頑張る必要はない。

逃げることは悪いことではない

自分が嫌だと思うこと、苦手だと思うことに対して無理して挑む必要はないとわたしは思っています。嫌だなと思った相手とは無理して仲良くしなくていいし、居心地の悪い職場なら転職すればいい。

無理して働いて心を病んだりうつ病になったり、最悪過労死してしまったり。そんな状況になるまで自分を追い込まなくていいんですよ。キツかったら辞めたっていいんです。

会社で関わる人は所詮会社の中でだけ関わりを持つ他人。今後の自分の面倒を見てくれるわけでもない、その場限りの人なんですよ。ちょっと冷たい言い方ですがそれがリアルです。

その中で嫌だなぁと思う相手に対して無駄な労力を使うなんて、時間の無駄だし心身ともに疲れますよね。その「自分が嫌だな」と思う相手の事を考える時間があったら他の楽しい事を考えたいですよね。

嫌なもの苦手なものから逃げずに頑張って克服するという道を選ぶ人もいますが、わたしはどっちかというと逃げるタイプです。その「逃げる」ということに対して否定的な意見を言ってくる人も中にはいるんですが、その辺は敢えてスルー。考え方の違いです。

自分の中の限界値って長く生きてればだいたい分かるもんです。「もう嫌だ!限界だ!」と感じたら速攻で逃げて自分の事を自分自身で守ってあげましょう。

会社で働くことに疑問を持ち出したら転機だと思う

なぜだか知らないけど、一生の内の大半の時間を会社に取られるじゃないですか。朝から晩まで職場で過ごして、休日で家に居る時間のほうが少ないですよね。

よくよく考えると、なんでこんなに職場で時間を過ごさないといけないんだろうと、ふと疑問に思ったりしませんか。

今すぐには無理だけれど、いつか会社に行かなくても自分の力で稼げるようになりたいと思ってます。なりたいというか、そうならなければいけない。

といっても、今回の無職期間は数ヵ月で終了する予定なので、また会社という場所に属さないと生きていけないんですがね。

いずれは会社に属さず生きていってみせますよ。

たぶん笑

さいごに

せっかく無職になるんだから、どうせならこのブログに色々と記録を残しておこう!と今回の記事を書くことにしました。無職になる機会なんてそうそうないですし。

自分と同じように「30代・一人暮らし・仕事辞めたい・無職」で検索して、日々悩んでいる方もたくさんいると思うんですよね。

人柱ではないですが「こんなやつもいるんだよ」ということを知ってもらって、少しでも気が紛れてくれたらいいなぁと。同じような仲間がいると少し安心するじゃないですか笑

実際に無職になったら無職生活ネタも日々投稿していく予定なので「そういえばあの無職の人どうなったかな?」とふと思い出す機会がありましたら、こっそりと覗きにきてくださいね。

コメント欄などは全閉じの閉鎖的なブログですが、来訪をお待ちしております。

この手の漫画が好きなんですよ。

△無職系おすすめ漫画の紹介記事です