【初心者】Youtube上に動画をアップする方法・手順・全行程

色々なやり方を忘れてしまう前に簡単にここに書いておきます。

スマートな方法ではないのであまり参考にはならないと思いますが一応ということで。

YouTube上に動画をアップする方法を細かく説明というより

「アップするまでにこんな状況に陥って大変でしたよ」といった感じのことを雑談ちっくに書いていきますので、効率良く工程だけを知りたい方は別の説明ブログへ行ったほうがいいと思われます。

ちなみに、YouTube上への動画投稿は初心者の身なので色々と間違っている点もあると思います。鵜呑みにせず、いち参考程度に流し読みしていってくださいね。

YouTube上に動画投稿する方法

では、いきますか。

動画撮影→YouTube上に動画をアップするまでに私が行った全行程を簡単に説明します

スマートフォンのカメラだとうまく撮影できない!結局、一眼レフカメラで動画を撮影することに…

今回は一眼レフカメラ(Eos Kiss X7)で録画した動画をYouTube上に投稿しました。

最初は手軽に済ませたかったのでスマートフォンのカメラで動画を撮影してたのですが、なぜか撮影中うまくピントが合わなくてですね。しょっちゅうピンボケを起こすんですよ。

で、他のカメラアプリも試してピンボケ問題は解消したのですが、無料版は40秒までしか録画できないという制約があり結局使用を断念しまして、最終的に一眼レフにしたというわけです。

スマートフォンってお手軽なようでいて結構操作とか難しくないですかね?あの小さい機械で編集したりなんだりかんだり…

あれを使いこなせる人ってほんと尊敬します。

撮影した動画データをPCに取り込み、『Movie Maker』で編集する

動画編集用のソフトはたくさんあるのですがやっぱりお手軽に済ませたい!ということで、最初からパソコン内に入っていた『Movie Maker』という動画編集ソフトを使って、撮影した動画を編集することにしました。あるものはどんどん使いますよ。

今回行った作業は動画の不要な部分を切り取ったり、ちょっとだけエフェクトをかけたりとそんな感じ。

動画上にテキストを入れたり動画を切り貼りする必要がなかったので、この作業自体は簡単でした。

動画の音量が小さかったので専用のフリーソフトで音の大きさを調整する

動画の音が小さかったんです。

まず最初に、動画編集ソフトの『Movie Maker』にもボリュームをいじる項目があったので最大にしてみたんですが、それでもなんか小さいんですよ。

というわけで、音量をあげるフリーソフトを探して、動画の音量調節をすることにしました。

【使用したフリーソフト】… XMedia Recode

窓の杜や本家HPでダウンロードできます。

操作方法などはググってみてください。

拡張子を『MOV.』から『MP4』に変更してムービーを作成(保存)する

Youtube上にアップする動画の拡張子は『MP4』が主流ということなので、Movie Maker上でMP4へ変換しました。

※画質を良くしたい場合はこの時点でなにかしらの操作をしなければいけないのですが、最初その点に気付かなくて適当にデータを保存してしまいました。このせいで、後の作業でつまづくことになります。

既存のYouTubeアカウントを使わず、新たに作成する

YouTubeのアカウントはGoogleアカウントと連携してるので、新規にアカウントを作成しなくてもすぐに動画投稿ができる状態にはなってました。

…が!

個人の完全趣味の視聴専用の自分のYouTubeアカウントを使って動画をアップしたくなかったので、私はここで別のアカウントを作成することにしました。

Gmailアドレスもすでにいくつか持ってたので、その中の1つを適当に選んで作りました。ここはすんなりいきましたね。

YouTubeのチャンネル名がなんか変!姓と名の間のスペースを消したいトラブル発生

そのまんまです。

先程YouTubeアカウントとGoogleアカウント名は連携してると書いたのですが、ここでGoogleアカウント名に悩まされました。

Googleアカウントを作ると分かると思うのですが、姓・名を入力する場所がありますよね?あの姓と名の間にできるスペースが邪魔で困ったんですよ。

・私の登録したいチャンネル名が「サチまる」だった場合

これが、Googleアカウントに登録した名前が勝手に連携されてしまうと「サチ まる」となってしまうんですよ。

サチとまるの間の余分なスペースいらねー!ってなりません?スペースを無くしてシンプルな4文字にしたいのですよ。

というわけで、この後スペースを消す方法を調べてみました。

YouTubeチャンネルの姓と名の間のスペースの消し方

以前だったらYouTube上の設定でGoogleアカウントとの連携を解除する操作ができたそうなんですが、今はできないのですよ。

というわけで今回は、新たに作成したGoogleアカウントでもう1つ別のチャンネルを作成することにしました。

ちなみに、1つのGoogleアカウントで複数のYouTubeチャンネルを作ることが可能だそうです。

で、もう1つ別のチャンネルを作成すると、その時にスペース無しのチャンネル名をつけることができるので、この方法で無事に解決いたしました。

これでやっと動画をアップできるぞ…!

スポンサーリンク

YouTubeに動画をアップしたけどトラブル続出!音と画質の問題

そうはすんなりいきませんよ。

YouTube上に動画をアップしたものの画質が悪い…!対処法は?

アップする前はマシな画質でも、WEB上にアップすると画質が悪くなるというアレですよ。

色々な要因で画質が悪くなってしまうようなんですが、今回は『Movie Maker』でムービーを作成する時の設定を変えることによって低画質化を回避することができました。

【設定の変え方】

ムービーの作成→カスタム設定の作成→ビットレートの値を最大値の『135,000』kbpsに変更して保存

この下準備をしてから編集した動画をムービー作成すれば画質が良くなるそうですよ。

※もっと詳しく知りたい場合はググってください

YouTube上に動画をアップしたものの雑音・ノイズがひどい…!消し方は?

これは動画をアップする前から気になっていた点です。

動画内全てに「サーーーーー」という雑音が含まれていて、これが結構うるさくて気になってはいたんです。

ちなみに、このノイズの原因は撮影環境にあるそうで…

まぁ、動画撮影用の専用のマイクもなければ、被写体からかなり遠くの場所にカメラを設置して撮影していたので、雑音が混ざってしまうのは仕方のないことなんですよ。

今思えば、このノイズを削除する作業を一番最初にやっておけばよかったかなと。

動画データがいろんなソフトを行ったり来たりしたので、その間に元データがさらに劣化してしまってるんじゃないかな~と素人ながらに心配してしまいました。

ま!詳しくは分からないんですけどね。

一応、雑音の消し方の流れなんですが

・作成した動画から音声データのみを抽出し、ノイズ除去ソフトを使ってノイズを削除する

・ノイズのなくなった音声データと音声の入ってない映像データ(Movie Maker上で音声をミュートさせたMP4動画データ)を合体させる

こんな感じです。

■今回使用したフリーソフトはこちら

【音声データ抽出ソフト】 … mp4tomp3 converter

【ノイズ除去ソフト】 … Audacity

※ノイズ除去ソフトの詳しいやり方はYouTube上にいくつか動画があがってます

【まとめ】できるだけ高画質の動画をアップロードするには…?注意する点は4つ

・解像度を1280×720以上にする
・映像ビットレートの値を最大値まで上げる
・フレームレートは30fps推奨
・アスペクト比は「16:9」

この4点に気を付けて動画を作成すれば、YouTube上に動画をアップロードする際に再エンコードされてしまったとしても高画質な動画を投稿することができるようです。

スポンサーリンク

さいごに、動画投稿を無事に終えて思ったこと

ひたすらめんどくさかったですw

ただそれだけ。

ブログを書く時も記事内に載せる画像の編集に色々と手間がかかるのですが、動画投稿はそれ以上に面倒くさい。作業に慣れていないせいか余計にそう感じました。

毎日毎日動画を撮影して投稿しているプロのユーチューバーさんってすごいんだなと改めて思わされましたよ。

やっぱり動画は見るに限ります。


▽YouTube上にアップした動画に関連する記事です

あのスイッチを入れた時に鳴る キュイィン…!って音がいいんですよ。…とこうやって文字で書いても伝わらないと思ったので、動画を撮ってアップしてみました。
スポンサーリンク