スポンサーリンク

もうすぐ13年目に突入する軽自動車の車検代は88,000円でした

面倒でも、複数の店舗で事前に見積もりを取ることが大事だと分かった今回の車検。

最終的に2ヵ所に車を持ち込んで見積もりを取ってもらい、約50,000円もの違いがでました。

5万ですよ?5万。この差はかなり大きいです。

以下に詳しく今回の状況を書いていきますので、これから車検を受ける方で似たような状況の方はぜひ参考にしてください。

 

車検

 

スポンサーリンク

自分の軽自動車の基本データ

・購入してからもうすぐ13年
・走行距離数 約51,000km

車の運転がもともと好きではないため、約13年経っても走行距離は50,000kmくらい。通勤時や近場に買い物に行く程度しか乗らないのでこんなもんでしょう。

地方住まいでなかったら車なんて持ちません。まぁ、病院に行く時やいざという時は車があると便利なんですが。

・自動車保険
・自動車税
・ガソリン代
・駐車場代
・定期メンテナンス代
・2年に1度の車検代
・買い替える際の車の購入代金

※上記は車を持っていると必然的にかかってしまう代金です。

こんなんじゃ貯めたお金もすぐなくなりますって。ほんと車って金食い虫だ。

 

と話が逸れましたが。

約13年と年数は経っていても走行距離がかわいい数値なので、今回は車の買い替えはせず車検を通すことにしました。

50,000kmなんてまだまだ全然乗れるでしょう。

 

スポンサーリンク

ディーラー2社へ車検の見積もりを依頼した結果

オートバックスや他の整備工場に車検を出しても良かったのですが、購入してから結構年数が経っている車だったので念のためということで、ディーラー2店舗に見積もりを取りにいくことになりました。

ちなみに今までは車を購入した店舗で車検を通していたのですが、そのお店が閉店してしまいまして、仕方なく他の所を探す羽目に。ここでの車検代金はだいたい8万いくかいかないかだったので、他のお店もこんな金額だろうと思ってました。

 

以下、簡単に見積もり金額の結果だけ書きますね。

他社ディーラーT自社ディーラーH
約140,000円88,000円

※見積もり依頼時に、故障箇所以外は最低限でとお願いしてます
※故障箇所の修理にかかった金額は約10,000円
※法定費用32,770円込みの金額です

 

なんだ?この違いは!?

 

他社ディーラーTの車検の見積もり代金140,000円について

わざわざ他社ディーラーTへ依頼をした理由:Tで働いている知人が「他の会社の車でも問題ないよ」とオススメしてきたから

最初に他社ディーラーのほうに持ち込んだので、14万!?という金額に目玉が飛び出しそうになりました。

 

いやいやいやいや、さすがに軽自動車に14万はないだろう。

 

さらに、タイヤの溝がすり減っていてひび割れているので、もしかしたら車検に通すのが厳しいかもしれないと追加で言われまして。もしここ(他社T)でタイヤを買うなら4~5万かかると言われまして…

 

いやいやいやいや!!!ないから!!笑

 

もし言われた通りにここで車検をやったら、そんなんじゃ20万近くかかっちゃいますよw
いくら年数が経っているとはいえ軽自動車に20万なんてばからしい。そんなにする訳がない。

とりあえず、タイヤはネットで買うかタイヤ販売店で買ったほうが安いということは知っていたので、この時点ではその話はスルーしました。

さらに話を聞いていくと、今やる必要ないでしょうという整備内容があったので省いてもらいましたが、それでも1万ちょっとしか安くならない。

 

あぁこれはあれか。女一人で行ったからナメられているのだろうか。いやしかし、天下のT会社はそんなことはしないはず。

 

というか知人!どこ行った笑

 

以前、ガソリンスタンドで店員の言いなりになり無駄にお金を使ってしまったという苦い過去があったので、その時の出来事を思い出してしまいました。その時は無知な自分が悪かったので勉強代にしましたが。

 

担当整備士さんは親切丁寧に対応してくれたのでそれは良かったのです。ちょっと説明が足りないかなぁとは思いましたが。あと、お値段が全然良くない笑

というわけで、この日は見積もりだけ貰って車検の予約はせず一旦家に帰ることにしました。

 

自社ディーラーHの車検の見積もり代金88,000円について

他社ディーラーTで提示された約14万(最悪約20万)という金額に打ち砕かれた後、相方に相談したら「さすがにそれは高すぎだ」と。その後、自社ディーラーHにも見てもらおうということになり、予約をして車を持ち込むことになりました。

無知な女一人で行くととんでもないことになりそうなので、今回は相方が同行してくれました。

 

で、結果88,000円

 

なんでこんなに違うのかって位違いますよね、金額が。

140,000円と88,000円ですよ。びっくりですよ。

前回、他社ディーラーTで指摘された「タイヤ交換」についてですが、こちらでは「交換しなくても問題ないですよ」との回答をいただきまして、とりあえず余計な出費が減りました。タイヤ溝の状態も詳しく説明してくれたのでしばらくは一安心ということで良かったです。

あと今回は車に詳しい相方が一緒に行ってくれたので、見積額が決定する前に「この整備は今回はやらなくていい」ということを前もって伝えてくれたおかげだと思うんですが『車の知識がある・ない』だけで値段もこんなに変わってくるのかと、自分の不勉強を猛省しました。

他社ディーラーTの見積時も一緒に行ってもらえば良かったですね。どれだけ安くなったんだろうか。

 

2社の見積書を比べてみてわかったこと

見積書を見て自分が気になった部分だけ取り上げていきますね。

技術料の総合計金額が約10,000円以上違う

他社ディーラーTより自社ディーラーHの技術料の合計金額のほうが安かったです。

これはやっぱり他社と自社の違いなんでしょうかね。他社製品だと部品を取り寄せたりと手間もかかりますし。

他社の車用に、技術料の最低ラインが高めに設けられているのかなと不思議に思ってしまう位値段が違いました。

 

スパークプラグ(6本取替)の部品代が約8,000円違う

こちらも、他社より自社ディーラーのほうが値段が安かったです。

他社ディーラーT自社ディーラーH
11,664円3,366円

※この金額の差は大きいです。プラグの質が違うのかな?

 

スパークプラグ(点火プラグ)とは

エンジンが動くために必要不可欠で重要なパーツ。
ガソリンに火花を飛ばすための部品で、これが劣化するとエンジンの調子が悪くなり最悪故障にも繋がるそうなので、定期的にメンテナンスに出して見てもらったほうがいいそうです。

 

自分の場合は「5万キロ走行を目安に交換したほうがいい」と整備士さんに言われたので、今回の車検でパーツを新しいものに交換することにしました。

ただ一概に5万キロとも言えないそうなので、定期メンテナンスの際にプラグの様子を見てもらって整備士さんに判断してもらったほうがいいかもしれませんね。

 

車検を依頼する時にこうした方がいいなと思ったこと

・一発車検ではなく、数店舗に予約をして事前に車検の見積もりを取って金額を比較する。

・女一人では行かず、できれば男の人(親・親戚・友人・知人の誰でもいい)か車に詳しい人と一緒に行く。

・一人で行く場合は、事前にネットなどで車検について調べ知識をつけてから行く。

 

こんなとこでしょうか。

2番目の「できれば男の人についてきてもらう」は、車検の時だけではなく車を購入する際も同様です。

車を買う時は担当店員さんとの駆け引きが必要なので、男の人に付いていってもらったほうが安全です。お店によりますが、女一人だとナメられますw(過去に経験有)店員さんの態度も変わりますよ。

 

面倒だからと言ってなあなあで済ますと無駄に高い金額を払わされることになりますので、これから車検を控えている方はどうぞお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました