日光市の大渡やな『船場亭』で鮎の塩焼きを頬張る

8月某日
無性に鮎の塩焼きが食べたくなり、日光市にある『船場亭』さんへ行ってきました。

— — – — — –

撮影 … EOS Kiss X7
使用レンズ … 単焦点レンズ EFS 24mm f/2.8 STM / キットレンズの望遠ズーム EF-S55-250mm

メニュー表と注文した食べ物の写真のみスマホで撮影してます。

— — –

船場亭
船場亭の外観

キンチョールの看板がレトロ。

船場亭
入り口には店名入りの暖簾が

お店に入ったらまず座る席を決めます。
そこでメニューから注文したいものを選び、レジへ行き先に支払いをするというシステム。
最初はちょっと戸惑いますね。

船場亭のメニュー
各テーブルにメニュー表が立てかけてあるのでこの中から選びます

船場亭のメニュー
色々とあって迷いますねぇ

せっかくの”やな”
新鮮な魚そのものを求めて、今回はあゆと子持いわなの塩焼きにしてみました。

鮎
注文が入ってから炭火で焼き始めるようです

鮎
かなりじっくりと時間をかけて焼くみたいですね

う~ん、楽しみだ。

魚が焼き上がるまで時間があるので、ここの名物の”やな”を見に行きました。

※”やな(簗)”とは、魚を捕まえるための仕掛けのことらしいです。

船場亭からの景色
川沿いで風が気持ちいい!

船場亭のやな
船場亭の”やな”の様子

船場亭のやな
初めて見るのでなんだか新鮮です

※ちなみに梁漁(やなりょう)とは
川の中に足場を組み、木や竹ですのこ状の台を作った梁という構造物を設置し、上流から泳いできた魚がかかるのを待つ漁法のこと

船場亭のやな
水が気持ちよさそう

船場亭のやな
タイミング良く魚でも来ないかな~と待ってみましたが残念ながら来ず

本当はもっと近づいて撮影したかったのですが、手持ちの一眼レフKiss X7は防水ではないのでここまでで我慢しました。
水しぶきが怖い…笑

船場亭のやな
魚があがったらこの目の前の箱に入れるそうです

船場亭の景色

やなを堪能したので、席に戻ることにしました。
おもしろかった~!

鮎とやまめ

席に戻って数分経つと、注文したあゆと子持いわなの塩焼きがやって来ました。

というか、最初はあゆ2匹といわな2匹は別々のお皿に乗ってたんですが、同行者が1匹ずつ入れ替えてしまったので(親切に取り分けてくれたとも言うw)どっちがあゆなのか分からないという事態に。

多分、上が”あゆ”で下が”子持いわな”だったはず…w

鮎とやまめ
見た目ほぼ一緒だしまぁいいか!という事でいただきます

20分近くじっくり焼き上げてくれるので、かなりホクホク!そして絶妙な塩加減。
おいし~い!!
あがったばかりの新鮮なお魚なので、臭みなども全く無し!
これは一緒にビールが飲みたくなりますねぇ。

川沿いの涼しくて澄んだ空気の中、水の音を聞きながら食べるお魚は格別です。
夏だけではなくオールシーズン営業しているそうなので、また時間があったら行ってみたいですね。

★★★☆☆3.32 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

■栃木県の観光記事

日光市大室にある高龗(たかお)神社へ友人の付き添いで行ってきました。
5/29(月)に行った那須フラワーワールドの写真です。アップするのが少し遅れてしまいました。
5/29(月)に那須フラワーワールドへ写真を撮りに行ったのですが、その際に食べたものをせっかくなので紹介してきますね。
涼を求めて自然散策。急に思い立って、那須観光に行くことになりました。
閉園時間近くに滑り込んで入園したので、ほぼ貸切状態で楽しめました。
まずはじめに。無事にこの記事がアップすることができて本当に良かった…!SDカードが壊れてこの日撮影した画像が全て消えるというトラブルを乗り越えての投稿になります。

■その他の観光記事は観光カテゴリにまとめてありますので、合わせてご覧ください

スポンサーリンク