EOS Kiss X7 と同時期に購入したもの ~その1~

一眼レフカメラは本体とレンズだけ買えばいいってものではないらしい。

…ということで、本体購入時に一緒に買ったグッズ等を遅ればせながら紹介しておきます。

液晶保護フィルム

Kiss X7用液晶プロテクター
Canon EOS Kiss X7 専用液晶プロテクター

カメラの液晶を触る頻度も多いし、フィルターを覗いて写真を撮ってると鼻が画面に当たって結構汚れるので、これは必須アイテムじゃないかと。
貼るのは超苦手なんですがね。

スポンサーリンク

SDカード

SDカード
【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10

これがないと写真の保存が出来ないので、SDカードは必須です。
色々なタイプが売ってますが、自分はアマゾンでお安く購入できるこちらにしました。
お店で買うと高い!笑


使用目的が一眼レフカメラで撮影した画像の保存の場合は
『出来るだけ大容量でスピードクラス(転送速度)は10のものがいい』そうです。

実際、今回の北海道旅行で32GBを全て使い切ったので、もう1枚予備で持っていけば良かったな~と思ってますし。(RAW+JPEGの設定なので容量かなり取られます)

あとは、Kiss X7にはWi-Fi転送機能が付いてないので、SNSなどやっている方は特にWi-Fi機能の付いたSDカードを買う事でその辺の不便さは補えるかと。


一眼レフの画像をパソコンを通さずにスマホに送れるので、これは1枚持っていると便利そう。
SNSはやっていないのでその辺の便利さは求めていませんが、旅行のちょっとした写真を友人に見せたい時に、スマホに画像が入ってれば手軽にその場で見せる事が出来ていいんですよね。

予備のSDカードはもともと買うつもりだったので、次は『Eyefi Mobi』を買ってみます。

レンズプロテクター

レンズフード
レンズ保護フィルター

使用しているレンズの大きさによってフィルターのサイズも変わりますので、買う時は要注意です。

このレンズプロテクターは必要・不要の両方の意見があるようですが、とりあえず自分みたいにカメラの扱いにまだ慣れていない初心者は買っておいた方が安心感があります。
予期せぬ事故や汚れからレンズをガードして守ってくれますので、少しでも不安なら装着しておくのがベスト。

スポンサーリンク

予備のバッテリー

Kiss X7用バッテリー LP-E12
Canon LP-E12

電池周りなので、ちょっとお高いですがメーカー純正品を買っておきました。
互換性のある価格の安いバッテリーも売ってるようです。

いいところで充電切れを起こして撮影終了~!なんて目には遭いたくないので、交換バッテリーは常に持ち歩いてますね。


— — –

まずはその1でご紹介。
その2はまた後日記事をアップしますね。